976ff4ec.jpg
ほおずきって、こんなに香りが良くて、おいしいものだとは知らなかった。
文字は「鬼灯」と書く。

ほおずきには食用観賞用があり、ナス科に属する。
日本では観賞用の認知度が高いと思うが、
海外では食用として栽培されているようだ。

名前の由来説はいろいろとあるようで
赤い実から連想した「頬つき(顔つき、のような意味合い)」や、
子供たちが実を鳴らして遊ぶ様子から「頬突き」とか、
カメムシ(ホオ)が汁を吸う姿から「ホオ好き」など、
さまざまだ。

かの有名な東京浅草の「浅草寺(せんそうじ)」では
毎年、7月9日・10日に「ほおずき市」が行われるそう・・・。


皮を割くと、ふわ~っといい香りがした。
食感はキウイや野イチゴを連想させる。

みずみずしく、さっぱりとした感じ。
思わず「あ、いい、いい・・・」と発する。
とても上品な味わいだ。


ほおずきの苗を持ってきて下さったのは
鬼北町の女性建築士、田中明美さん

鬼北町で行われた等妙寺ウォーキングでお会いし
「持っていくから植えてみて」と声をかけて頂いた。


「こーんなに、おっきくなるよ!」

「体を元気にする成分が豊富!」

「香りがいい!味がいい!」

「一年中元気な植物!」


彼女は数あるほおずきの中から、鬼北町の風土に合った品種を
探し出して選び抜き、鬼北町の特産品として成長させ、
大勢の方が持ち寄る形で「道の駅 森の三角ぼうし」などで
販売ができるよう、各方面に働きかけをされている。

鬼北町農業公社で種を植え付けて、育苗に向けたシーンがテレビで
報道された。その報道に、彼女が登場したのも記憶に新しい。

普段は建築士会宇和島支部文化財委員会として、私も一緒に
活動させて頂いているが、鬼北町で眠っている畑を活用して
地域の活性化を図るよう、直接的にかかわる活動を開始され、
地域を元気にしたいという共通の思いを、この近辺から実現させていく
という取り組みは大変面白く、期待される取り組みではないかと思う。

この間ハウスで種を巻いたらもう芽が出て、二月には収穫が
 できるのでは?と、彼女は話されていた。

一般的な食用ほうずきは、7月ごろから収穫が始まり、10月ごろに
ピークを迎え、3月ごろまで採れるよう。ハウス栽培では一年を通して
市場に出回っているようだが、それにしても丈夫なほおずきやなー!


私は苗を冬越しし、3月ごろ畑に地植えをして、その後はずっと畑に
根付いてくれるよう大切に育てようと思う。

果物のようにおいしいので、人に差し上げても珍しくて
喜ばれると思うのだ。

「天からの授かりもの」を頂いたような気持で感謝しております。
田中さん、ありがとうございます。