8bff90d0.jpg
なんとなく兆しは春の色
真っ青な空、足元には薄氷の朝・・穏やかな日差しがうれしい気分を誘うような・・
山が萌えてきたんだね

c1ac9cbc.jpg
地面の中が読めるか?
読んでいたんだよね、命がけで家族が住むために。昔から・・
選んだり屋敷を丈夫にこしらえるのも一家の主の努めの一つなのか

これは想像でしかないけど、最近は生きることの原点を読むってことから遠ざかる人が増えていたのじゃないか?
ばかみたいかも知れないが、今からは昔の日本人の生き方の良いところをもっと見直してゆきたいね・・

なんでか・・自分の好きなことをやって、或は廻りがお膳立てをしたコースに乗り込んで、ほかの生きるための様々なことは雑用と化す・・
はたまた、ひとの役目にして頭を突っ込まず、やった人の責任という嵌めがうまれたりして?

ひとは一人ではいきてゆけないよ・・それぞれに助け合い、まわりのために働いて自分のためになるみたいな・・
ほんと、お互い様ですよね・・♪えっオジサン!何という独り言^^!


3d8726c0.jpg
で、地面の硬さを数値で記録するスエーデン式サウンディングという地質調査
硬くて回らなくなったロットを引き抜きにかかる・・



3643ce6f.jpg
ロットの先の状況を見せてもらう・・
粘土質の土がついている


87146439.jpg
こちらも同じような粘土質層。表面から少し入るとぐんぐんと固くなって締まっている。
粘土って手でこねるものだから柔らかいイメージがあるようだけど
粘土は、砂よりも固くて家を乗っけるのに安定しているような・・
地耐力は山際では断然問題なくあるはずという地形だったりしてますが、今は保険を掛けるために安全な場所もそうでない敷地も書類が必要・・
だから、人が人として責任をとる覚悟を保っていかないと、一部の無責任者の横行のために日本人全部に網をかぶせられてしまう世の中になってしまう。
すべてに高くついてしまうような無駄な部分が生まれ、北から南まで同じパターンの造りを強制するようなレールが敷かれようとしている・・

総じてそのような印象を持つのは僕だけか?おっとー!また独り言ってしまい失礼おば♪