f9623826.jpg

東日本大震災・木造仮設住宅・板倉の家への取り組みという
安藤邦廣筑波大学名誉教授のお話を聞くことができた

板倉の家さんたろ、愛媛県森林局まとめの資料
(尽力された織田さん前隣席でお話を伺う)

伊勢神宮の校倉造りに見られる日本の森林文化・・
道具の工夫と構法のバリエーションが多様にできる・・
海と山交互に人が移動する歴史や戦争で山を消失した時代から
戦後日本の山にストックができている

今、自分の住む森林文化都市が未来に生きていくためには
外国の安さに頼るだけでは駄目でしょう。
地域の人と自然が一緒に継続する方法を強化しなければ
崩壊に向かうことがらが大きすぎると懸念される

家のつくりに集約して考えるとき
日本の森林文化と環境面の健康、地域活性化の恩恵を兼ね備えている
伝統構法が秘める力は大きい!
これでしょう!未来の光に向かって住む人と地域と作り手がともに歩むこと
私共はじゅんかん物語を創る勇気を頂きました。ありがとうございます♪

f07f1e99.jpg
集会所の棟上げ完成の様子。
大勢の方の協働作業で作られて更に人と人の絆が深まることが素晴らしい