宇宙との調和を意味する「ハーモニーコスモス」
戸建住宅のリノベーション・古民家再生を中心に
「人と自然の調和」を考えた家づくりを目指しています。

一条教房公が文明年間(1469-87)に京都石清水八幡宮を勧請、幡多郡の総鎮守にしたのが起こりと・・10月10日の大祭には当時の略奪結婚の蛮風を戒める為に始めた神様の結婚式という神事が行われるという不破八幡宮、あえてふはと発音し、ふわと云わないという拝殿を撮らせて頂 ...

国指定重要文化財の本殿こけら葺きの屋根、破風の美しい曲線鬼も木で作られている日本の杉或は桧は腐りにくい樹種のベストクラスだが、屋根は常に雨水と太陽にさらされて過酷だ。神主様のお話では15年くらい・・20年で修理を余儀なくされるとか・・で、屋根の下地が痛まない ...

自然の中で一人手水する清々しさ心身を改め気持ちよく進めるような・・奥の深いお心使いのお蔭さま入る前 北から歩いていてふと立ち止まる塀の柱がしっかりと礎に載り雨の跳ねが届きにくい高さに・・重厚な屋根を受けて足をやや開き踏ん張っているような・・伝統構法が緻密 ...

平野神社 奥の御本殿は南北に二殿一体となった比翼春日造(平野造)と呼ばれ東向きは宮中神であったことによるという・・ ...

平野神社御本殿(国指定重要文化財)遠望・・美しくも雅な屋根・・洗練され力の籠った造り・・銅の樋が階段を庇護風と光を遮るものがなくどこまでも空が続いているような・・欲しいままを見なさいとつぶやきがするような・・秩序が蓄積され解放されている、先人の凄さかな・ ...

空中に大きく羽根を広げた鳥のようなスリムで強靭な骨格に見惚れてしまう・・しかも蛙股を載せて桁を支える胴差の胴体は凹に引き締まっている。門の柱、回廊の列柱が、鍛え上げられた頑丈な大腰筋が背骨と大腿骨を繋いでしっかりと大地を踏ん張っている横綱の脚腰のように見 ...

集中してます。見てていいのだろうか。邪魔にならぬよう息を殺した・・外部から玄関・・そしてリビングへどうやらラストシーンの撮影らしい・・愛媛県林業種苗協同組合が林業推進のために儲かる林業の方策の啓発ビデオを撮影したいという主旨でどこか撮影場所がないかという問 ...

次から次へ押し寄せてくる水蒸気深い深い霧刻々と形を変える雲に吸い寄せられてしまう・・有り得ないほど柔らかくちぎれ、流され消えていくひだひだ・・宇宙でわずかな水が微妙なバランスで生まれては消えるさまは人の手で作れない。奇跡的に生きているのかもしれない僕たち ...

林業の成長産業化に向けての取り組み昨年行われた林業躍進プロジェクト二年目はどの様な動きをしていくのかこれまでの統計・・それぞれの立場での気付きや意見を述べ合った熱い思いを語る甲岡鬼北町長、愛南、松野、宇和島市長さま・・木組みの家宇和島研究会 與那原会長と ...

人にはいろいろな出来事が・・生きている思いや願い・・寄り添うこと・・ともに生きることのありがたさ・・筆書きの言葉が飛び込んできた・・ 心に響くような・・壁にぶつかった人は、幸せだ。壁までたどり着けない人が、大勢いるんだ。乗り越えようと己を動かすことができ ...

人も自動車もこの橋を渡っていく。四万十川の向こうに高瀬地区・・慣れるまでちょっとスリル。ところが岸から離れると別世界が待っている・・河の流れに身を任せ誰そ彼の銀盤を滑る船を見ていた・・上流からするすると降りてきた船は沈下橋にぶつからず、頭から潜り抜けた・ ...

ふと見上げれば折り紙のようなシェルター丸いステンドグラスを優しく庇護する美しいシルエット鬼北町産丸太を使用した木造のトラスで平屋の庁舎が増築された。本庁舎の保存改修前に建設課などを増床。外部のほかに柱を置かない、中央の屋根からサイドライトレーモンドトラス ...

1614年大阪冬の陣で父伊達政宗と共に徳川家側として戦い、武功を上げ宇和島十万石の藩主として入城された秀宗公龍華山等覚寺には初代二代三代四代六代八代藩主が墓に眠っているという・・育てられた豊臣秀吉の秀と父の宗を名に受け継ぎ、長男である正統性が今も続いていると ...

良かった、ほんとうに。世界危機遺産として寄付を受けることができて・・みんなの熱意が素晴らしいよ・・架け造りのなんと素晴らしいことか・・直す前は下に入ると怖さも感じたが健全な体力に復活すると逞しくも優美・・見学をさせていただいて、てっぺんまでお邪魔致します ...

ああ、なんということだ。こんなにも高いところから人々の暮らしを見守っていたとは・・今を去ること695年前の元応2年1320年この地に寺院を開いた理玉和尚とはどんな方だったのだろう、そして人々の暮らしぶりは・・奈良山等妙寺旧境内の本坊を俯瞰できる場所に登りつめる道 ...

[#IMAGE|S65#]大荒れの兆しか、はたまた雨降って地固まるの暗示か松浦郁郎先生の講義前突発の怪我発生・・松本先生すぐさま伊井さんとの連携で応急処置後に救急のお医者様探し行脚となりし三間公民館は清良記を紐解く会の初紐解き如何なることや・・立ち込める霧もろともせず ...

↑このページのトップヘ